教えてスマホ

スマートフォンに関する情報が満載!

スマートフォンを水没させてしまった場合

スマートフォンを水の中に落としてしまうというトラブルに見舞われるケースがあります。
たとえば、男性でよくあるのが、トイレに入りながらスマートフォンを操作していて、うっかり便器の中に落としてしまうというものです。女性でも、雨の中、傘を差しながら片手でスマホを操作して、水たまりに落としてしまうということがあります。
では、スマホを水没させてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。
まず、防水のスマホであれば、表面を拭いて乾かせば、そのまま使える可能性が高いです。スマホの防水性能は、ダイバーウォッチのように、水深数十メートルで使っても大丈夫というわけではありませんが、水たまりに短い時間浸かる、雨に濡れるぐらいであれば浸水は防いでくれるのです。
防水ではないスマホを水没させてしまった場合ですが、基本的には購入店に持って行って見てもらった方がいいでしょう。
ただ、すぐに電源を落とし、完全に乾燥させれば、そのまま使い続けられることもあります。

熱に注意してスマートフォンを運用する

スマートフォンは小型でありながら原則としてパソコンと同様の精密機器であり、熱に対して弱い点を考慮した運用が求められてきます。
特に屋外で使用する状況では夏場の直射日光に気をつけておかなければならないほか、鞄やポケットなど熱の篭りやすい場所へ保管し続けない心がけが重要です。
また、充電及び負荷の大きなアプリを動作させ続けるだけでもスマートフォンは発熱を起こしやすく、機種によっては頻繁に冷却の時間を設ける必要性が生じてきます。
急激に発熱したスマートフォンをそのまま使用すると、本体が再起動を起こしたりバッテリーの寿命が短くなるなどトラブルの原因となるので、故障へ繋がらないうちに何らかの対処が不可欠です。
スマートフォンを冷却する方法は状況次第で様々ですが、風や空気の力を利用して冷ます方法が最も安全とされており、氷などで一気に冷却を行うと内部が結露し水分によって電子回路が破壊されてしまう可能性があるため、少しずつ自然に冷ます方法を選ぶべきといえます。

おすすめWEBサイト 5選

大阪でデリヘルを検索
http://www.pin-colle.net/

Last update:2017/1/19

ページトップへ
Copyright 2015 教えてスマホ All Rights Reserved.