教えてスマホ

スマートフォンに関する情報が満載!

スマートフォンのアプリ開発について

スマートフォンでアプリ開発をするとき、そのやり方はiOS系かAndroid系かで大きく違ってきます。
Android系は主にJavaを用いてアプリを開発することになります。
なお、場合によってはC++で一部実装することも可能です(この場合、Android NDKというものなどを用います)。
また、基本的に無料で作ることができ、配布もGooglePlayでの配布を望まなければ、お金はそこまでかかりません。
開発環境はEclipseやAndroid Studioなどです。
iOS系では、Objective-CやSwiftといった言語を使います。
その上で、作成して配布するにはある程度の料金がかかります。
開発環境はXcodeなどです。
XcodeはApple公式のものです。
なお、以前よりも選択肢は増えているようです。
このように、スマートフォンのアプリと一纏めにいっても、実はそのスマートフォンのOSによって、どのように作成すればよいのかが違ってくるのです。

アプリをスマートフォンにダウンロードする

スマートフォンでは様々なアプリを活用することで、色々なことができます。
スケジュールの管理であったり、写真の加工であったり、ゲームであったり色々なことが可能です。
こういったことができるアプリは専用のストアより入手可能です。
有料のものから無料のものまで幅広くあるので、気に入ったアプリを検索すると良いです。
スマートフォンにダウンロードするためには、必ずアカウントの登録が必要になります。
アカウントは無料で作成できるので、事前に作成しておくと良いです。
ダウンロードにかかる時間ですが、これはアプリのサイズによります。
大容量のものであれば、ダウンロードに10分以上かかり、またインストールにも10分以上かかる場合があります。
 ダウンロードをすぐに終わらせたいのであれば、Wi-Fi接続した状態でダウンロードを始めると良いです。
モバイル回線よりもスピードがあり、なおかつ安定した通信が可能です。
Wi-Fiであれば、通信量を気にすることもありません。

Valuable information

2018/3/16 更新

ページトップへ
Copyright 2015 教えてスマホ All Rights Reserved.